So-net無料ブログ作成

歯周病を防ごう① [健康管理]

みなさん、日頃からお口の健康を気にしていますか?
口や歯を健康に保つことは、実は身体の健康を守ることにもつながっています。

まずは「お口の健康度」をチェック!
こんな症状はありませんか?

□ 口臭がするようになった(または周囲から指摘されるようになった)
□ 口の中がネバネバする
□ 歯ぐきが腫れる、膿(うみ)が出る、色が赤い
□ 歯磨きをしたときに、歯ぐきから出血する
□ 歯ぐきが下がって歯が長くなったように見える
□ 歯がグラグラする
□ 歯と歯の間の隙間が大きくなり、物がはさまりやすくなった
あてはまる項目が多い人は、お口の健康状態が悪くなっている可能性が あります。

歯周病ってどんな病気?

歯周病は、細菌感染によって歯の周りに炎症が起こる病気です。
実に、日本人の半数、30歳以上の80%が発症していて、 現在、歯を失う原因の第1位といわれています。
歯周病になると、細菌が作りだす毒素によって歯ぐきが腫れたり、出血しやすくなり、 歯を支える力が弱まります。その結果、歯と歯の間に隙間(歯周ポケット)が形成され、 歯が抜けやすくなります。
歯周病は、ほとんど痛みがないため、気がつかないうちに進行していきます。

  歯周病1.jpg

歯周病の原因は?

歯周病の原因は、歯垢(プラーク)です。
歯磨きが十分でなかったり、砂糖を多く摂取すると 細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面に歯垢がくっつきます。 その他にも「口腔内の環境」や「生活習慣」が、歯垢をくっつきやすくし、 歯周病を発症・悪化させる原因となることもあります。

  歯周病2.jpg



スポンサーリンク





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。