So-net無料ブログ作成

善玉菌を増やし、悪玉菌を減らそう [腸内細菌]

 人間の腸内で何が起こっているのか、腸内にいる細菌がどんなもので、どんな役割を果たしているのかということがお分かりいただけたでしょうか。

 内容をまとめると、
・腸内には細菌がおり、主に善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類が存在する

・善玉菌は食物の消化や吸収を促し、体の免疫力を高める役割をし、ヨーグルトなどの発酵食品に 多く含まれている

・悪玉菌は排泄や体のリズムを乱すという有害な働きをし、肉に含まれるたんぱく質などを餌にし て増殖する(増殖すると便秘、おならの臭い、体臭の原因となる)

・日和見菌は腸内の菌の多くの割合を占め、通常は機能しないが、優勢な方の菌(善玉・悪玉)に なるという特徴を持っている
となります。

 そして、これらの菌が働くことによって体のパフォーマンスに大きな影響を及ぼすということが分かりましたね。となれば、やることは決まってきます。

 私たちのやることは、善玉菌を増やし、日和見菌を善玉菌にして善循環を起こし、体のパフォーマンスを良い方向に維持することです。そのためには、善玉菌を多く含む発酵食品や食物繊維を多く含む食品(乾燥させた野菜や豆類、菌類など)を摂取するのがベストになります。
 そうすれば、下痢や便秘、腹痛、体臭、口臭、アレルギー、生活習慣病などの予防に繋がります。腸内細菌を理解して、体のパフォーマンスを向上させ、毎日を健康に生きていきましょう!


スポンサーリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。