So-net無料ブログ作成

体調維持にとても大事な善玉菌 [腸内細菌]

 まず善玉菌ですが、あなたも一度は名前を聞いたことがあると思います。善玉菌は人間の腸に住んでいる細菌の中でも、食物の消化や吸収を促し、体の免疫力を高めてくれるなど、体に嬉しい働きをしてくれるものです。善玉の善は善い(よい)と書きますよね。まさにその通りの働きをしてくれるというわけです。

善玉菌の種類と多く含まれる食品
 善玉菌には主にビフィズス菌、乳酸菌などがあります。
ビフィズス菌が多く含まれる食品としてはヨーグルトが挙げられます。乳酸菌はヨーグルト、ナチュラルチーズ、味噌、キムチなど、発酵食品に多く含まれています。ヨーグルトにはどちらの菌も含まれており、まさに善玉菌を摂取するには最適な食品となっています。

 ここで「ビフィズス菌と乳酸菌って同じじゃないの?」という疑問が出てくると思います。
一般的には同じ意味で用いられますが、厳密には違います。ビフィズス菌は、腸内にいる善玉菌の99.9%(ほぼ全て)を占め、その数は乳酸菌の約100~1万倍にあたる1兆~10兆個になると言われています。ビフィズス菌は酢酸と乳酸を作り出す細菌、乳酸菌はビフィズス菌が生息しやすい環境をつくる役割をしています。RPGで例えると、ビフィズス菌が勇者、乳酸菌が魔法使いで勇者の回復や能力強化補助をするといったところでしょうか。これは生物理学上で言われていることなので、
一般的には、どちらも「糖を分解して乳酸を作り出す」ということから同じものとして扱われています。

善玉菌が不足すると?
 ちなみに、ビフィズス菌が不足すると、肌の乾燥・荒れ、くすみなど肌に異常をきたしたり、便秘になったりします。乳酸菌が不足すると下痢、肌荒れ、アレルギー、消化吸収力の低下、免疫力の低下、ホルモンバランスの崩れなどが起こります。その結果、糖尿病や癌(ガン)などに繋がることもあるので、先ほど挙げた発酵食品などを定期的に摂取して防止しましょう。


スポンサーリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。