So-net無料ブログ作成

熱中症ゼロを目指す② [健康管理]

◆熱中症に負けない体づくり
基本は規則正しい生活を送ることです。

普段の生活習慣を見直して、必要な場合は今の生活に+αで取り組んでみましょう。

●1日3食バランスよく食べる

特に朝ごはんは、1日の活動のスタートを切るエネルギー源、しっかり食べましょう

●しっかり睡眠をとる
 
日頃の体力維持に睡眠は必要不可欠。寝酒は睡眠の質を落とします。
また、アルコールを分解するのに、体内の水分をたくさん使うので
体は脱水になりがちです。飲み過ぎには十分注意しましょう。

●適度な運動、最低週2日、30分程度ウォーキングをする
 
暑さと汗をかくことに、今から体を慣れさせておきます。
暑い環境で人が汗をかいて体温調節するためには“暑さへの慣れ”が必要です。  
 
暑い環境に体が順応するには3~4日かかります。
運動不足の方!暑さの本番が来る前の【今のうちに】はじめることをお勧めします!


[ダイヤ]正しい水分摂取で熱中症予防

基本は、十分に水分を摂ることで予防できます。
たくさん汗をかいたときは、汗の主な成分である
水分と塩分の両方を意識して補給することが大切です。

塩分は体内の水分量の調整や
神経・筋肉の働きをスムーズにする役割があります。

そのため、汗で失われた塩分も補給しないと筋肉の痺れや脱水症状の悪化
重症の場合はけいれんを起こすこともあります


次のことに注意して十分水分補給をしましょう。

●ふだんから1日1.2L以上の水分を摂る
●脱水になりがちな起床時、入浴前後、運動前後は必ず水分補給
●外出時は飲み物を携帯し、のどが渇いていなくても、こまめに水分補給
●いつもよりたくさん汗をかいた時は
塩分補給も大事。スポーツドリンクや塩飴などで塩分を補う

たくさん汗をかいた時は、「飲む点滴」とも言われる『OS-1』の飲用が効果的です。
スポーツドリンクよりも早く体内に水分・塩分を補給できます。

ただし、スポーツドリンクに比べてナトリウムが多い分
血圧が高めの方など、塩分を制限している方は事前に医師に確認が必要です。




スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康