So-net無料ブログ作成

インフルエンザから身を守ろう!② [インフルエンザ]

インフルエンザはどうしてうつる?

主な感染経路は飛沫(ひまつ)感染!!
インフルエンザにかかった人の、咳やくしゃみの際に口から発生される 小さな水滴(飛沫:ひまつ)とともに放出されたウイルスを、のどや鼻から 吸い込むことによって感染します。
また、飛沫が付着した物に手で触れ、その手で 目、鼻、口などを触ることによる接触感染も、 感染経路のひとつです。

飛沫を浴びないことが予防
家族や学校、職場など、感染者と日常的に一緒にいると、感染を防ぐことは難しくなります。 また、インフルエンザだからといって、必ず特有の症状-たとえば高熱や咳-があるとは 限りません。風邪と同じ症状と思い、インフルエンザに感染していることに気がつかない ケースも少なくありません。ですから、感染症対策として、
「咳エチケット」と「うがい・手洗いの励行」が大切

感染経路を断つ! その1「咳エチケット」

1.咳やくしゃみを他の人に向けてしないこと
2.咳が出る時はマスクをすること
3.手のひらで咳やくしゃみを受けとめた時は、 すぐに手洗いをすること
の3つです。
マスクは、感染者自身がする方が効果は高いという指摘があります。 予防でするのもありですが、完全にウイルスの侵入を防げるわけではないことに 注意してください。

鼻水、痰などを含んだティッシュは、すぐに蓋付きのゴミ箱に捨てましょう
咳をしている人にマスクの着用を促してください
マスクは正しく着用しましょう!

感染経路を断つ! その2「手洗い」

 20180215.jpg
手洗いは 感染症対策の 基本中の基本!!
流水・石鹸による手洗 いは手指など体につい たインフルエンザウイル スを物理的に除去する ために有効です。
インフルエンザウイルスはアル コールによる消毒でも効果が高 いですから、アルコール製剤に よる手指衛生も効果があります。

インフルエンザに罹ってしまった!! 会社へはいつ出社できる?

発症後5日を過ぎ、かつ、 熱が下がって2日を過ぎてから 。
インフルエンザによる出勤停止は、2012年に改正された 「学校保健安全法」が目安とされています。

<インフルエンザウィルスの排出>
発症前の「潜伏期間」と、発症してから3~7日ほど 発症から2~3日で発熱がおさまるとウィスルは減少しますが、 残りの排出されている期間も、感染する可能性があります。 「他人にうつさないこと」 が大切です。

インフルエンザへの対応!

<予防するには?>
流行前のインフルエンザワクチンの接種
人ごみを避ける、繁華街への外出を控える
外出時にはマスク着用
室内では適度な湿度に
十分な休養とバランスの良い食事
手洗い・うがいの励行
咳エチケット

<もしも、かかってしまったら・・・>
早めの受診
安静と休養
十分な水分摂取
マスクの着用
外出を控える(自粛!)
薬は用法、用量、期間を守る


スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康