So-net無料ブログ作成
健康管理 ブログトップ
前の10件 | -

歯周病を防ごう② [健康管理]

喫煙と歯周病の関係

歯周病の原因となる生活習慣の中でも、とくに「喫煙」の影響は大きく、 次の理由から歯周病を発症・悪化させるといわれています。

① 唾液の分泌が減り、口腔内が不潔になる
口が不潔になり、歯垢(プラーク)や歯石がつきやすくなります。

② 歯ぐきの血流が悪くなる
歯ぐきに酸素や栄養が行き渡らずに抵抗力が弱まり、歯周病が進行しやすくなります。

③  歯の表面にタバコの成分が付着する
歯垢がとてもつきやすくなります。

こんなデータも…
・タバコを吸う人は、吸わない人に比べて3倍も歯周病にかかりやすく、歯を失う人の数も2倍である
・喫煙本数と比例して歯周病が悪化する
・喫煙者は「歯周病の症状である口臭」に対する関心度が低い


歯周病と身体の病気

歯周病は、全身疾患と関係していることがわかっています。 歯周病の原因となる細菌は、口の中から血管内に簡単に入って全身をめぐり、次のような病気に影響を与えることがあります。

   歯周病3.jpg

歯周病の予防がこれらの病気の予防にもつながるといわれています!

お口の健康を守るには?

歯周病予防の基本は、歯垢をためない・増やさないことです。

① 毎食後、歯を磨く 歯垢(プラーク)は、粘着性が強く、うがいをした程度では落ちません! 歯垢は食事をするたびに歯に付着しますので、毎食後、歯を磨きましょう。 歯間ブラシやデンタルフロスなどを使い、丁寧に、そして確実に歯垢を除去しましょう。

② 定期的にクリーニングやメンテナンスを受ける
歯石は歯垢が石灰化したものです。歯磨きだけでは取りきれないため、 定期的に専門的なクリーニングを受けましょう! 歯周病の進行度や口腔状態にもよりますが、 年に1~2回は歯科を受診しましょう。

③ 禁煙にチャレンジする タバコを吸う人は、ぜひ禁煙にチャレンジしましょう!


歯周病の予防には、

日々のセルフケア(歯ブラシ習慣、規則正しい生活習慣)
           +
定期的なプロによるケア(歯ブラシ指導、歯石除去)
                が有効とされています。


歯周病は生活習慣病であり、予防できる病気です。
お口の健康、そして全身の健康のためにも今日から歯周病予防を始めましょう!



スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

歯周病を防ごう① [健康管理]

みなさん、日頃からお口の健康を気にしていますか?
口や歯を健康に保つことは、実は身体の健康を守ることにもつながっています。

まずは「お口の健康度」をチェック!
こんな症状はありませんか?

□ 口臭がするようになった(または周囲から指摘されるようになった)
□ 口の中がネバネバする
□ 歯ぐきが腫れる、膿(うみ)が出る、色が赤い
□ 歯磨きをしたときに、歯ぐきから出血する
□ 歯ぐきが下がって歯が長くなったように見える
□ 歯がグラグラする
□ 歯と歯の間の隙間が大きくなり、物がはさまりやすくなった
あてはまる項目が多い人は、お口の健康状態が悪くなっている可能性が あります。

歯周病ってどんな病気?

歯周病は、細菌感染によって歯の周りに炎症が起こる病気です。
実に、日本人の半数、30歳以上の80%が発症していて、 現在、歯を失う原因の第1位といわれています。
歯周病になると、細菌が作りだす毒素によって歯ぐきが腫れたり、出血しやすくなり、 歯を支える力が弱まります。その結果、歯と歯の間に隙間(歯周ポケット)が形成され、 歯が抜けやすくなります。
歯周病は、ほとんど痛みがないため、気がつかないうちに進行していきます。

  歯周病1.jpg

歯周病の原因は?

歯周病の原因は、歯垢(プラーク)です。
歯磨きが十分でなかったり、砂糖を多く摂取すると 細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面に歯垢がくっつきます。 その他にも「口腔内の環境」や「生活習慣」が、歯垢をくっつきやすくし、 歯周病を発症・悪化させる原因となることもあります。

  歯周病2.jpg



スポンサーリンク





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

検診結果を活用しよう③ [健康管理]

喫煙・飲酒習慣と健診項目の関係

喫煙・飲酒習慣は、次の項目に影響がでます。
喫煙習慣がある場合
・中性脂肪 ・LDLコレステロール ・HDLコレステロール
・肝機能 ・血圧
タバコをやめたいと思っている人は、ぜひ健康管理室と一緒に禁煙に取り組みましょう。
飲酒習慣がある場合
・中性脂肪 ・肝機能
・HbA1c ・尿酸値

① 飲酒習慣については適量を守り、休肝日を週に2日以上設けましょう。
ただし、数値が悪化しているようであれば、禁酒が必要です。
② 飲酒量が多い場合には、1回量を減らすのではなく、飲酒頻度を減らしましょう
③ お酒の席では、脂質や塩分が少なく、低カロリーなもの(枝豆、トマト、冷奴、刺
身、焼き鳥、鍋など)を選びましょう。

これからの健康管理のために

健康への第一歩は「毎日の体重管理」です。
体重を測る習慣をつけましょう
まず大事なのは「増えていないか」です。
グラフにして見ると、その傾向がわかりやすく見えます。
適正体重を目指し、減量・維持しましょう
適正体重は人によって異なりますが、標準体重がひとつの目安になります。 標準体重以下であっても、これまでにあげた検査数値が悪くなっている人は、 まずは3~6ヶ月かけて今の体重から5%減量してみましょう。
体重の変化と生活との関連を考える
どんなときに体重が増減していますか?

検査結果は日常生活のしかたに影響し、良くなったり悪くなったりもします。 運動や食事内容を一緒に記録することで、 どうしたら体重コントロールができるか見えてきます。 次のような項目も一緒に記録してみましょう。
・歩数
・食事内容
・睡眠時間 など
手軽に楽しく記録ができるアプリを 活用するのもおすすめ!

健康診断は1年に1度、自分の身体と向き合う大切な機会です。

数値が悪くなってしまった方はもちろん、正常値であっても不規則な生活習 慣が続いている方は、生活習慣病予防のために今のうちに生活習慣の改善を しましょう。

自分の生活の中で改善できることをコツコツ続けていくことが、 健康度を向上させることにつながります。 健診結果を自分の努力を確認する資料としても活用していきましょう。



スポンサーリンク





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

検診結果を活用しよう② [健康管理]

食習慣と健診項目の関係

乱れた食生活を続けていると、次の項目に影響がでます。
・中性脂肪 ・LDLコレステロール ・肝機能
・HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー) ・尿酸値 ・血圧 など

  健康診断2.jpg

食事では、以下のことに気をつけましょう。
毎食で野菜を食べる
腹八分目を心がける
朝食は抜かずにしっかり食べる
④ とくに夕食は食べ過ぎないようにする
  (夕食が22時以降になる場合は20時までに主食を食べておき、夕食は低カロリーにする)
⑤ 間食はできるだけ控え、食べたい時は日中に食べるようにする

運動習慣と健診項目の関係

運動不足だと、次の項目に影響がでます。
・中性脂肪 ・LDLコレステロール ・HDLコレステロール
・肝機能 ・HbA1c ・尿酸値 など

  健康診断3.jpg

以下のような生活を心がけましょう。
毎日30分以上、徒歩程度の運動をする。
 連続して30分時間をとれなくても、合計時間で30分とれるようにしましょう。
② 週に2回・1時間程度、水泳・ジョギングなど息が上が る程度の運動をする。
尿酸値は激しい運動(無酸素運動)で上昇する恐れがあるため、息 が少し上がる程度の運動(有酸素運動)を選びましょう。

忙しくて運動する時間がない方は、生活の中で今より少しプラスして動くようにしましょう。
・通勤や休憩時に10分多く歩く
・階段を使う
・毎朝ラジオ体操をする など



スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

健診結果を活用しよう① [健康管理]

健診後に届く結果。みなさんは上手に活用できていますか?
健診結果はそのときの身体の状態がわかるだけでなく、
過去のデータと比べることで生活習慣を見直すきっかけにすることができます。
健康診断を上手に活用していく方法をお伝えします。

こんな行動をとっていませんか?
◆ とりあえず今年の結果だけを確認し、その後は破棄している
◆ 判定区分(A判定、B判定など)だけを見て、一喜一憂している
◆ 判定結果が悪くても、医療機関を受診していない
◆ 分からないことがあっても、そのままにしている

健康診断の結果がとどいたとき、こんな行動をとっていませんか?
たとえ直近の結果が良かったとしても、このような行動をとっていると 気がつかないうちに、生活習慣病(高血圧・糖尿病・脂質異常症)を発症 したり、悪化させる可能性があります。
健康診断1.jpg

ポイント① 判定区分を正しく理解しよう
まずは、判定区分(健診結果の判断基準)をしっかりチェックしましょう。
判定区分を正しく理解し、各区分に応じた対処法を実行することが大切です。


A判定     :この状態を維持して、今後も加齢とともに身体のメンテナンス に気をつけていきま       しょう。A判定でも、もし過去に比べて数 値が悪化している方は要注意です。
B/C判定 :次の健診では自然に基準値に治まることもありますが、悪化を 防ぐため
にも体質改善を行いたい結果です。
C/D判定 :基準値から外れていますので、まずは生活習慣を改善しましょう。とくにD判定の
       場合は、医療機関へも受診しましょう。
D/E/F判定:【要精密検査・要治療】病気になっている可能性があります。 早めに医療機関を
受診し、専門医の指示に従いましょう。

ポイント② 過去の健診結果と比べよう
健診結果は、今年の結果だけではなく、過去3年間の結果を見比べることで、 身体の変化を知ることができます。

*過去と比べて改善している*
健康度が向上している可能性があります。
今年の結果が「基準値外」でも、年々改善している場合は、 日ごろの努力が結びついている証です。

*過去と比べて悪化している*
健康度が低下している可能性があります。
今年の結果が「基準値範囲」でも、年々悪化している場合は、 健康リスクが高まっている可能性があります。

改善している人は良い健康状態を保つために、
また悪化している人は改善するためにも、食事・運動・喫煙・飲酒の習慣と 検査値にどのような関係があるのか、知っておきましょう。



スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

働き過ぎと健康問題 長時間労働の影響④ [健康管理]

前回、長時間労働による睡眠不足・疲労の蓄積が 、
症状の気づきを遅らせ健康障害を引き起こす可能性があるとお伝えしました。
今回は、その長時間労働による健康障害発生リスクについてです。
元気に働き、そしてこれからの健康の維持のためにも 健康障害のリスクについて知りましょう。

長時間労働が起こす健康障害って?

時間外労働が長くなるほど健康障害のリスクは高まるといわれています。
長時間労働による疲労の蓄積、睡眠時間の減少が心身の不調を引き起こし
次のような健康障害へとつながる可能性があるのです。

 20170909.jpg

身体のこと後回しになっていませんか?

 20170909b.jpg

長時間労働は休めないだけでなく、忙しさから不規則な生活となったり 治療の時間もとれずそのままにしてしまいがちです。
仕事を優先し、普段の生活や治療に無関心でいることで重大な健康障害につながる 可能性もあります。
「今は若いから大丈夫」「自覚症状がないから」とついつい後回しにしていませんか?
疾患の未治療や不規則な生活が健康障害のリスクを高める要因に!

もしかしたら、それは身体のサインかも?

 20170909c.jpg

これらの症状は身体からのSOSサインかもしれません
放っておくと慢性症状につながり、さらなる心身の不調につながる可能性も…

その症状、疲れからきていませんか?

その症状、疲れからきていませんか?
ただ疲れているだけだと思って、そのままにしていませんか?
よくあると思って放置しがちな症状ですが、
次のような症状が長引くならその裏には心身の不調の可能性も考えられます。
一度チェックしてみましょう!

 20170909d.jpg



スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

熱中症ゼロを目指す② [健康管理]

◆熱中症に負けない体づくり
基本は規則正しい生活を送ることです。

普段の生活習慣を見直して、必要な場合は今の生活に+αで取り組んでみましょう。

●1日3食バランスよく食べる

特に朝ごはんは、1日の活動のスタートを切るエネルギー源、しっかり食べましょう

●しっかり睡眠をとる
 
日頃の体力維持に睡眠は必要不可欠。寝酒は睡眠の質を落とします。
また、アルコールを分解するのに、体内の水分をたくさん使うので
体は脱水になりがちです。飲み過ぎには十分注意しましょう。

●適度な運動、最低週2日、30分程度ウォーキングをする
 
暑さと汗をかくことに、今から体を慣れさせておきます。
暑い環境で人が汗をかいて体温調節するためには“暑さへの慣れ”が必要です。  
 
暑い環境に体が順応するには3~4日かかります。
運動不足の方!暑さの本番が来る前の【今のうちに】はじめることをお勧めします!


[ダイヤ]正しい水分摂取で熱中症予防

基本は、十分に水分を摂ることで予防できます。
たくさん汗をかいたときは、汗の主な成分である
水分と塩分の両方を意識して補給することが大切です。

塩分は体内の水分量の調整や
神経・筋肉の働きをスムーズにする役割があります。

そのため、汗で失われた塩分も補給しないと筋肉の痺れや脱水症状の悪化
重症の場合はけいれんを起こすこともあります


次のことに注意して十分水分補給をしましょう。

●ふだんから1日1.2L以上の水分を摂る
●脱水になりがちな起床時、入浴前後、運動前後は必ず水分補給
●外出時は飲み物を携帯し、のどが渇いていなくても、こまめに水分補給
●いつもよりたくさん汗をかいた時は
塩分補給も大事。スポーツドリンクや塩飴などで塩分を補う

たくさん汗をかいた時は、「飲む点滴」とも言われる『OS-1』の飲用が効果的です。
スポーツドリンクよりも早く体内に水分・塩分を補給できます。

ただし、スポーツドリンクに比べてナトリウムが多い分
血圧が高めの方など、塩分を制限している方は事前に医師に確認が必要です。




スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

熱中症ゼロを目指す [健康管理]

~あなたのまわりは大丈夫!?~

熱中症が発生しやすい場所と聞いてどこを想像しますか?
実は、重症の熱中症の60%が屋内で発生しています。
「室内にいるから安心」というわけではありません。
では、どんな環境で熱中症になりやすいか、見直してみましょう。

気温と湿度の両方に注意を

例年、重症の熱中症は6~9月に集中します。そして暑い日だけとは限りません。

気温が、30度未満の日にも発生します。
熱中症の発生には、気温だけではなく「湿度」が大きく影響しているからです。

湿度が高い環境では、汗として蒸発しづらいために、体の熱をうまく逃がすことができないことが理由です。
そのような状況が続くと、熱中症のリスクが高まります。

熱中症の症状

熱中症の初期症状にはめまい立ちくらみがあります。
そのままにしていると、手足のけいれん、筋肉痛、足がつる といった症状がみられます。
さらに身体のだるさ、吐き気、頭痛がみられ、重症になると意識がなくなったり、命の危険となることも!
室内にいても初期症状がみられたら早めの対処が必要になります。

<こんな環境に長くいることはありませんか?>
●『熱を排出する機械がある』

●『窓ガラスに近い場所や日差しが強い』 

●『蒸し暑い満員電車』

●「空調が十分でない車中』

この環境は、熱中症のリスクが高い場所といえます。

快適な環境づくりで熱中症予防

室内での熱中症を防ぐための環境の目安は『室温28℃以下、湿度60%以下』が理想です。
そのための、環境づくりの工夫 を紹介します。

●熱を排出する機器の近くに長時間いることのないように、必要時以外は別の場所で作業をする

●扇風機等で熱を滞留しないようにする

●急に高温・多湿の環境にいくと身体が慣れないため、環境が変わった場合には早めに休憩をとり、身体を順応させる

自宅では、比較的空調を自由に調整できることと思います。
また、外出時は、強い日差しを避ける工夫で予防ができます。
自宅や日常生活では次のポイントに気を付けましょう。

●温湿度計や気象情報を参考に、エアコンや換気で上手に調整する
梅雨に向けて、ジメジメ蒸し暑くなる頃は、昼夜を問わず注意しましょう!

●蒸し暑い時期は、通気性が良く、吸湿性や速乾性の良い衣服を選ぶ

●外出時は、日傘や帽子を利用する、日陰を歩く

ぜひ、環境に気を付けて快適にすごせるように心がけてみましょう。



スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

働き過ぎと健康問題 長時間労働の影響③ [健康管理]

働き過ぎからくる心身の不調の悪循環
長時間労働は、疲れがとれず疲労の蓄積から「心身の不調」を引き起こします
心身の不調は仕事能率の低下につながり、そこから更なる長時間労働と悪循環になることも、また、それだけでなく心身の不調から健康障害を招くことにもつながるのです。

0521a.jpg

働く時間と健康障害の関係
一般的に時間外労働が長くなるほど健康障害のリスクは高まるといわれています。

0521c.jpg

元気に働くためのポイント
・充分な睡眠や休養をとる
・3食バランスよく食事をとる
・適度な運動をする
・オンオフを分けて趣味や家族・友人とのリラックスできる時間をとる
・難しい仕事は一人で抱え込まない
・時間を決めて仕事に取り組む
・今の仕事の取り組み方を1度振り返ってみる


長時間労働は危険な症状の自覚(気づき)を遅らせ心身の不調を招きます。
労働時間が長くなるほど、健康のことを考えながら働く必要が高まります。
そのためにも、自己チェックは重要です。



スポンサーリンク





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

働き過ぎと健康問題 長時間労働の影響② [健康管理]

休息のサインを見逃していませんか?

170421_2.jpg

睡眠時間・余暇時間が十分に取れないことで心身共に疲労は蓄積していきます
日中に眠気や疲労感を感じた場合それは休息が必要というサインです!

<睡眠の効果と睡眠時間の適切量とは?>
睡眠は身体と脳の疲労回復には欠かせない重要な活動です。
睡眠必要時間は人によって異なりますが健康には6時間以上必要といわれています。
また、睡眠の中で最も深い眠りに入るのは眠りについてから3時間ほどで、そのあとは段々と浅い眠りになっていきます。
この深い眠りが妨げられる・睡眠の時間がとれないと身体と脳は十分に休めません。


余暇時間は心の栄養補給!

仕事が忙しくなると仕事以外の他のことは後回しになりがちです
睡眠による身体の休息はもちろんですが、余暇時間はどうでしょうか?
余暇時間の減少は疲労回復を妨げるだけでなく、ストレスの原因にもつながります 。
ストレス発散やリフレッシュなど、心の休息も大切になります。

170421.jpg


スポンサーリンク





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | - 健康管理 ブログトップ