So-net無料ブログ作成
たるみ解消 ブログトップ

頬のたるみを解決し美顔になる [たるみ解消]

 頬のたるみを解消することは、美顔になれる条件だといわれています。
 頬がたるんでいたり、しわが目立つと、実際の年齢以上に見られてしまい、見られる相手の方に、老けた印象を与えてしまいます。

 顔の皮膚は、表皮・真皮・皮下脂肪で構成されています。皮膚の下には筋肉があり、皮膚全体を支えるベースとなっています。この筋肉を使わなければ衰えていき、皮膚を支える力が弱まってたるみを招くことになります。このように、筋肉の衰えにより肌のハリが失われていき、たるみが生じる原因になっている訳です。筋肉には皮膚を引っ張り支えるる働きがあります。筋力を向上させることで、しわや頬のたるみの解消に役に立つのです。

 しわや頬のたるみを解消し、肌にハリを取り戻すには、コラーゲンなどを摂取するだけではダメです。皮膚の下にある表情筋を強くすることも必要なのです。表情筋を強く太くすることで、弾力のある肌を手に入れることができるのです。

 たるみの無いハリのある肌を手に入れるために、表情筋を鍛える習慣を身に付けましょう。表情筋を鍛えるといっても、なにも特別なことをする必要はありません。多くの人は、表情筋を、ほとんど動かさない生活をしています。そのために、筋力が低下してきているのです。特別なトレーニングやフィットネスをしなくても、飲食をするときに時間をかけてよく噛む、1日数分程度、意識して顔の筋肉を動かす等、を行うだけで筋力を高めるのに有効です。表情筋を鍛えることで、コラーゲンの生成も促されると言われています。

 不足しがちな栄養成分を補いながら、筋肉を鍛えることで身体が持っている力をサポートし、美肌を目指しましょう。


スポンサーリンク





タグ:美顔 たるみ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

頬のたるみは筋肉の衰えが原因 [たるみ解消]

 表情筋の衰えが、頬のたるみに関係することがあります。筋肉が衰えることによって、頬にたるみが出来ると、口の周りにほうれい線が目立つようになります。ほうれい線が目立つと、急に老けて見えるようになりますので、困っている女性もいます。頬に出来た、たるみ・口のまわりのほうれい線は、実年齢よりも老けて見える原因の一つとなりますので、なんとか解決したものですね。
ほうれい線は年齢とともに増えてきますが、口元は、顔の中でも目立つ場所なので、出来るだけ目立たなくしたい、無くしたいと考えうる方は、大勢います。老けた印象を持たさないようにするためには、口元のほうれい線をなんとかする必要があります。

 たるみのない頬にするために、美容整形をされる方もいます。施術後は、確かに効果はあるものの、月日の経過とともに、ほうれい線が目立つようになってきて、根本的な解決にはなりません。
頬のたるみを解消する手軽な方法としては、顔の筋肉を意識して動かすトレーニングを継続して行う方法が効果的です。普段から、意識して顔の筋肉を動かすトレーニングを行い、表情筋を強化することが大切です。

 トレーニングは、複雑なものを長時間行う必要はありません。口周りの筋肉を意識して動かす行為を、毎日数分程度行うことで、筋肉は鍛えられます。これにより、頬のたるみを目立たなくすることが可能となるのです。


スポンサーリンク





タグ:たるみ ほお
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

頬のたるみの解消運動 [たるみ解消]

 頬のたるみは、肌のコラーゲンやヒアルロン酸の減少によるもの以外にも、長時間のパソコン操作などのデスクワークによる肩こりや、猫背が原因となっていることもあります。肩こりを感じた時には、背筋をまっすぐに伸ばしたり、頭を傾けたり、首をゆっくりと回転させたりしましょう。

 また、猫背の姿勢を続けていると背骨を支える背筋などの筋肉が衰えていきます。筋肉は使わないと、どんどんと痩せ衰えて退化してしまいます。普段から背筋をピンと伸ばした正しい姿勢を取ることにより、身体を支える筋肉が自然と鍛えられて、筋肉が衰えるのを防いでいるのです。デスクワーク時は、猫背になることが多いと思います。猫背になる姿勢の解消方法として、腰の部分にクッション等を挟み込んで正しい姿勢が取れるようにするとよいでしょう。

 あごの下には顎舌骨筋(がくぜっこつきん)という筋肉があります。この筋肉は、下顎骨を後方に引く、舌骨を拳上する作用を持っていますが、使われずにいると支える力が弱くなり、あごの下のたるみに繋がります。これを防ぐためには、定期的に頬の筋肉を引き締める発声練習が効果的です。顎舌骨筋を鍛えて、たるみが生じるのを防ぎます。発声は、「あ、い、う、え、お」と口を大きく動かしましょう。

 また、テーブルに頬杖をつかれる方をよく見かけます。無意識にされていらっしゃると思いますが、あまりやりすぎると、顔の歪や歯並びに影響をあたえますので、出来るだけ意識して行わないようにしましょう。


スポンサーリンク





タグ:ひずみ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

頬のたるみを解消する [たるみ解消]

 顔のたるみは、見た目年齢に直結します。
 
 たるみのない頬になって、若々しい外見を維持したいという女性は少なくないといいます。頬がたるんでくると、年齢よりも老けて見られがちになります。また、たるんだ頬のせいで活き活きとした表情も無くなり、全体として暗い雰囲気を与えてしまうようになります。 

 頬のたるみには様々な原因が考えられますが、加齢による肌の老化が先ずは考えられます。年齢を若返ることはできませんが、お肌にたるみが生じる原因は、年齢から生じるもの以外にもありますので、その原因に対して対処を行っていきましょう。

 私たちの肌の中にある真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞が存在します。コラーゲンやヒアルロン酸などの成分が十分に行き渡っていることにより、肌には適度の弾力が生まれるのです。頬がたるんでくる主な原因は加齢からくる肌の老化だけではなく、紫外線、乾燥、生活習慣、表情筋の衰えなどがあります。

 頬のたるみを解消するためには、顔のエクササイズを毎日続けるのが良いでしょう。頬のたるみを改善するには、顔のエクササイズが効果的です。口を閉じたまま、口の中で舌を左右に動かすことで、頬の周囲の筋肉を動かします。それから、頬をすぼめます。筋肉が動いている状態を意識して行います。そして、空気をたくさん吸い込んで、口の中に溜めてほうれい線を目立たなくします。毎日頬のエクササイズを行うことによって、頬の周囲の筋肉を強化して、頬のたるみの目立たない、張りのある皮膚になることができます。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
たるみ解消 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。