So-net無料ブログ作成
ダイエット ブログトップ
前の10件 | -

ヨーグルトによるダイエット [ダイエット]

 ヨーグルトを摂取することでダイエット効果を期待している人は多いようですが、ダイエット効果はどの程度あるのでしょうか。

 ヨーグルトは、腸の善玉菌を増やす働きがある乳酸菌を含んでいるために、便秘解消に効果があると言われています。便秘体質は代謝が低くなるために、カロリーを燃焼する作用が小さくなるために、ダイエットを困難にしています。便秘を解消することは、ダイエットを行う上で重要ですが、健康を維持して行く上でも便秘は解消しておきたいものです。

 エネルギーの消費の良い体になるためには、腸内環境が改善されて腸がきちんと機能するようにすることが大事です。基礎代謝の高い体質になれば、運動や日々の活動で消費されるカロリー量も多くなり、ダイエットがしやすくなります。

 ヨーグルトに含まれている乳酸菌が生きたまま、直接腸まで届く量はごくわずかだとされています。乳酸菌には、いろんな種類がありますし、期待される効果もいろいろあります。人によって相性のいい乳酸菌は違いますので、相性が良く、求める効果のあるものを選びましょう。

 ダイエットにどれくらいの効果があるのか気になるかもしれませんが、自分の体調に合う商品を選択することは、とても大切なことです。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

玄米でダイエットを成功に導こう [ダイエット]

 玄米は、健康や美容によいとされる食品であり、ダイエットを行っている人に多く利用されています。また日頃から、玄米を中心とした食生活を送ることによって、健康の増進を図っているという方もいます。

 玄米は健康や美容に良いと言われていますが、どのような作用があるのでしょうか?
玄米が美容や健康に役立つとされている理由は、白米よりも栄養素が多く含まれているからです。ミネラルや、ビタミンなどの栄養素を、玄米から補給できます。特に、玄米には、食物繊維が多いことからダイエットに良いとされています。

 玄米に多く含まれている食物繊維は、ダイエットを行う上での味方になります。玄米をダイエットに利用する方法は人気があり、多くの人が実践しています。玄米を活用したダイエット方法は、簡単に実践出来て、主食の白米を玄米に切り替えるというだけのものです。ずっと白米を食べていた人が、玄米に変えるのは難しいという場合は、白米と玄米との割合を少しずつ変えていくと食べやすくなります。
 
 ダイエットは、摂取カロリーを減らすことが主だと思われがちですが、カロリーだけの問題でもありません。血糖値が上がっている体は、太りやすい状態になっているのです。食事での血糖値上昇が急すぎないようにしたい場合は、食物繊維の多い食べ物を食べるようにしましょう。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

玄米がダイエットに成功をもたらす [ダイエット]

 ダイエットに有効な食品として、玄米が注目を集めています。様々な食材がダイエットに向いているとされていますが、玄米はどのような点でダイエットに適しているのでしょうか?

 肌を綺麗にしたり、ダイエットに役立ったりする玄米は、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでおり、効率的に摂取することができます。主食の白米の代わりに玄米を使うダイエットが人気ですが、実は玄米のカロリーは白米とあまり変わりません。白米とカロリー面では同じようなものでも、栄養価を比較すると玄米のほうが多いことが、ダイエット中には玄米がいいという要因です。玄米を摂取することで便秘も解消されますし、新陳代謝の高い身体になることから、カロリーの燃焼効率がより高い身体になることができるのです。

 さらに玄米には、糖の吸収を抑制する働きがあり、蓄積された脂肪を燃焼しやすくします。毎日の食べる量を少なくすることで、消費カロリーを減らし、ダイエットをしたいという方はたくさんいます。ダイエットのためにと、極限まで食べる量を少なくするようなことをしていると、栄養状態が悪化してしまいます。

 食事の栄養バランスが偏りがりになるダイエット中は、栄養価の高い玄米の摂取が役に立ちます。白米よりも咀嚼回数が多くなりがちな玄米は、食べる量が多くなくても満腹中枢が働きやすくなり、ダイエットに効果的です。玄米ダイエットは、これまでメインにしていた白米を玄米にシフトするだけでいいので、簡単に取り組むことができるダイエット方法といえます。



スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

玄米によるダイエット効果のメカニズム [ダイエット]

 玄米は栄養価が高い食材として、又、ダイエットに効果のある食材として注目されています。

 健康的な側面からの効果を求めて玄米を食べている人がいる一方で、ダイエット効果の目的で玄米を食べている方もいます。ダイエットに対して食事が及ぼす作用については、消化率や、栄養吸収力が、密接に関わっています。食事をした際に、糖質が吸収されてから血糖に変わる速度を表す指標に、GI値と呼ばれるものがあります。食べ物のGI値を知ることは、ダイエットを進める上でとても大事なものですが、ダイエット経験が多い人でも意外と知らない方もいるようです。

 白米と、玄米のGI値を比べてみると、白米のGIは70であり、玄米のGIは50となります。同じ量を食べた場合に、血糖値の上昇速度は玄米の方が緩やかで、同時に、満腹感を感じている時間が長くなることを示しています。間食に軽いものを食べたくなるのは小腹がすいたからですが、玄米を食べれば、白米よりも小腹がすいた感覚が減ると言われています。

 玄米からは、ガンマオリザノールという成分が補給できます。ガンマオリザノールは、脂質を含む食べ物を食べたいという欲求を抑制する作用があります。玄米は摂取するだけで、痩せる効果を期待できるものではありませんが、白米よりも腹持ちが良く、その結果、余分な間食を減らすことが期待できます。今まで白米での食事をしていた人は、玄米での食事にすれば、ダイエットがしやすくなるでしょう。玄米は食べづらいという人は、白米と玄米をブレンドしたり、発芽玄米を主食にして、ダイエット中の食事にするといいでしょう。

 米を常食している方もいます。ダイエットに対して食事が及ぼす作用については、消化率や、栄養吸収力が、密接に関わっています。食事をした際に、糖質が吸収されてから血糖に変わる速度を表す指標に、GI値と呼ばれるものがあります。食べ物のGI値を知ることは、ダイエットを進める上でとても大事なものですが、ダイエット経験が多い人でも案外と知っていないようです。

 白米と、玄米のGI値を比べてみると、白米のGIは70であり、玄米のGIは50となります。同じ量を食べた場合に、血糖値の上昇速度は玄米の方が緩やかで、同時に、満腹感を感じる時間が長くなることを表しています。食事と食事の間に軽いものを食べたくなるのは小腹がすいたからですが、玄米を食べれば、白米よりも小腹がすいた感覚が減ると言われています。

 玄米のぬかからは、ガンマオリザノールという成分が補給できます。ガンマオリザノールは、脂質を含む食べ物を食べたいという欲求を抑制する作用があります。玄米は摂取するだけで、痩せる効果を期待できるものではありませんが、白米よりも腹持ちが良く、その結果、余分な間食を減らすことが期待できます。

 今まで白米での食事をしていた人は、玄米での食事にすれば、ダイエットがしやすくなるでしょう。玄米は食べづらいという人は、白米と玄米を半々にブレンドしたり、食感が白米に似ている発芽玄米を主食にして、ダイエット中の食事にするといいでしょう。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

簡単な運動でダイエットに成功を [ダイエット]

 ダイエットを成功に導くためのキーとなるのが、適度な運動を取り入れることです。
よくダイエットするために、ただ単に食事量を減らすことで体重を落とせると考えている人がいますが、それでは一時的に体重は減りますが、食事制限を止めると同時にリバウンドが起きてしまい

 ダイエット前よりも体重が増えてしまいます。
ダイエットを意識して食事内容を見直すのであれば、栄養の偏りがないようにすることです。食事量によって摂取カロリーを減らし、且つ、運動によって消費カロリーを増やすことができれば、ダイエットを成功に導くことが出来ます。

 運動は、頑張りすぎないように運動量を多くせずに簡単なものにします。そうしないと、長続きしませんし、普段から運動をしていない人が急に運動をし過ぎると、身体が悲鳴を上げてしまいます。日々の暮らしの中で、簡単に出来るような運動を組み込むことによって、ダイエットを続けやすくしましょう。

 例えば、朝の通勤や社屋ビルの移動の際に、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を利用する、一駅間を自転車で移動するといった具合いにです。自宅での作業が多い人は、体操や、ストレッチ運動を取り入れてもよいでしょう。すぐに効果が表れるものではありませんが、継続して行うことにより、少しずつ効果が見えてくるでしょう。


スポンサーリンク





タグ:ダイエット
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

簡単に続けることが出来るダイエット法 [ダイエット]

 痩せたいけど、あまりダイエットに時間を掛けれない人、運動は苦手手で出来ればしたくない人は意外と多いようです。

 短期間で目標体重まで一気に痩せるようなダイエット方法よりは、少し長い目でみながら行うダイエット方法のほうが良い結果が出やすいです。なかなか結果に結びつかないからと、目標達成前にダイエットを諦めることがないように、普段の生活の中で容易にダイエット効果を得られるようにするとよいでしょう。

 自宅で簡単にできるダイエット方法としては、短時間の運動を毎日継続して行うというものです。ダイエットを始めようとする人の動機は人それぞれでありますが、体重を減らすことよりも、身体の引き締めを考えたほうが良いという人もいると思います。体重は同じであっても、引き締まった身体なのか、それとも脂肪が付いた身体なのかで、見た目のイメージは180度変わります。

 運動の目的は、筋肉量を増やすことではなく、身体に付いた脂肪を燃焼させて、身体を引き締めることにありますので、簡単な運動を短時間行うだけでも効果でてきます。簡単にできる運動としては、椅子に座った姿勢で上半身を左右に捻る運動、腹筋、壁やテーブルを支えにして腿上げなど、手軽に出来て良いでしょう。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

誰でも簡単に出来る下腹ダイエット [ダイエット]

 理想のボディを手に入れるためにダイエットを行って行く上で、なかなかやっかいな場所としてあげられるのが、ポッコリとした下腹部のダイエットです。どのようなダイエット方法を実践すれば良いのでしょうか?

 体重を減らしたいのであれば、思いつきで始めるようなダイエットはよくありません。よく体重を減らすには、食事制限をすればよいと思われている方がいます。食事制限で一時的には体重が減りますが、すぐにリバウンドしてしまい、前よりも体重が増えてしまいます。

 下腹部のダイエットをしたい人は、下腹部に不必要な皮下脂肪及び内臓脂肪がついていることを理解した上で、脂肪を燃焼させるにはどんなダイエットがいいかを考えることが必要です。

 下腹に脂肪がついてしまう理由としては、身体で消費されるエネルギー以上の食事を摂取することにより脂肪がつくことと、筋力不足により内臓が支えきれずに垂れ下がることによると言われています。筋肉が衰えることによるのが原因ならば、腹部の筋肉を鍛えることが下腹部のポッコリを抑える対策になります。

 下腹部のポッコリを解消するために、腹筋運動を続けていても、思うような効果がなかなか感じられない人もいると思います。その場合は、焦らずに日常生活の中で軽めの腹筋運動を継続して行っていくとよいでしょう


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

下腹部のダイエットには腹筋が効果的 [ダイエット]

 下腹部のポッコリを気にしている方は少なくありません。食事内容を見直すと共に、下腹部の筋肉を使うトレーニングをすることによって、下腹部の引き締めをおこないましょう。

 下腹部がポッコリする原因として考えられるのは、脂肪の増加と筋肉不足による内臓の垂れ下がりです。筋肉がやせ細ることによって支えきれなくなった内臓は重力によって垂れ下がっていきます。筋力をupし下腹部を引き締めることによって、ポッコリお腹から解放されるので、脂肪の燃焼と共に筋肉アップを目指しましょう。

 ダイエットに効果のある運動は、筋力トレーニングやウォーキングのような有酸素運動が該当します。下腹部のポッコリを早く解消したいからといって、むやみに腹筋運動ばかりを行っていると、腰や首筋を傷めてしまうこともありますので、弔慰しましょう。

 最近は、効果的にダイエットを促す運動ができる器具が販売されています。家庭内で手軽に腹筋運動をサポートしてくれる運動器具もあります。日頃あまり時間が取れない方にで、普段どおりの生活をしながら家庭内で運動をしたい人は、お奨めです。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエットで下腹部を引き締める [ダイエット]

 下腹部を引き締めるには、食事制限よりも積極的に身体を動かすことのほうが、下腹部の引き締め効果があると言われています。

 体内に蓄積されている皮下脂肪をエネルギーとして消費するためには、食事量を制限するだけでなく、運動など身体を動かすことによって脂肪を燃焼させる機会を多くすることでより効果が得られます。

 エクササイズにより下腹部をしっかりと動かすことにより、気になる下腹部の引き締めを行うことができます。二の腕や太ももなど、身体の一部をすっきりとさせたいという人は、運動により引き締めたい部分の筋肉を使うようにしましょう。

 下腹部を引き締めて、体形を良くしたいという方は、エクササイズを中心としたダイエット方法が良いといいます。外見は太っていなくても下腹部の脂肪が気になっている人は少なくないでしょう。ダイエットをするには、ジョギングや水泳などのような全身を使う運動で、体内の脂肪を燃焼させるという方法もあります。ジョギングや水泳を行うような時間を取れないという人には、日常生活を工夫してみてはどうでしょうか。お腹を意識して姿勢を正して歩く、エレベータやエスカレータを使わずに階段を使うなど、少しでも運動量を増やすことでお腹の引き締めに効果があるでしょう。

 最終的にダイエットを成功に導くには、継続することが大切です。


スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

セルライトは運動では落ちない。それ本当ですか? [ダイエット]

 セルライトが身体にできてしまっている女性の方は、非常に多いと言われています。
 
 セルライトは、皮下脂肪のうち、主に腹部・臀部・大腿部に不均一かつブロック状に存在する組織のことです。身体に付いている脂肪は、普通の脂肪と、セルライトと化している脂肪とがあります。セルライトは「脂肪組織に老廃物や水分が溜まったもの」や、「脂肪細胞同士が付着してできた脂肪の固まり」とされていて、普通の皮下脂肪との区別は、外見で判断されています。

 美容・健康食品業界などでは、セルライトは脂肪が変形して固まってしまっているために、普通の皮下脂肪に対する対処方法では解消出来ないと言っており、高価な美容整形手術・治療、特別なエステ、専用の食品を用いる食事療法などが必要と言っていますが、セルライトは、普通の皮下脂肪と変わりがないので、運動とカロリー制限を組み合わせることによる通常のダイエットで皮下脂肪が減少すると、その凸凹も減少し目立たなくなるとも言われています。医学的な見地からは、そのような特別な脂肪は存在しないとされているようです。


スポンサーリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | - ダイエット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。