So-net無料ブログ作成
検索選択

花粉症 [花粉症]

この時期になると、目のかゆみや鼻づまり、くしゃみなど
花粉症のつらい症状に悩まされる人も多いことでしょう。

“今まで何も症状がないから大丈夫”と思っている人もいることでしょう。

でも実は、誰もが発症する可能性があるのが花粉症の注意ポイントなのです。
誰もがというのは、今まで無症状だった人、軽症で自分が花粉症だと思っていなかった人でも、花粉の飛ぶ量が非常に多くなると発症するリスクが高まるのです。

それは、私たち人間がもつ「免疫反応」という仕組みがあるからです。

「免疫反応」とは、花粉のようなあらゆる異物から体を守るための仕組みです。
体の中に花粉が入ると、それを無害なものにしようと、「抗体」をつくります。
花粉が体に入ることが増えると、抗体の量も増え、それが一定の基準を越えると、花粉症を発症します。
つまり、遺伝的な背景やアレルギー体質など、個人差はありますが、
花粉に多くさらされる程、花粉症になりやすくなります。

花粉症になると、以下のような様々な症状が出てきます。

局所症状…涙、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目やのどの痒み、顔や首など皮膚の痒みなど

全身症状…微熱、だるさ、集中力の低下、いらいらなど

花粉症になるリスクを下げるには、花粉を体内に取り込まないようにすることが大切です。

☆室内での花粉予防☆

1)窓や戸をしっかり締め、花粉の侵入をできるだけ防ぐ
車の中に入るときも同様で、車内の通風口は閉じるようにする

2)洗濯物の外干しを避ける

3)外干しした洗濯物を取り込む際は、衣服をよく掃う、ブラシなどでやさしく掃う
注意!!舞った花粉を吸いこまないよう、パンパンはたかないようにしましょう!

4)こまめに掃除をする
テレビは、静電気によって花粉が付着しやすいので、こまめに掃除をこころがける

5)空気清浄機やエアコンなど、花粉対策用製品の活用

6)レースのカーテンは、静電気によって花粉の侵入を防いでくれるとの説も

☆室外での花粉予防☆

1)外出後は手洗い・うがいを徹底し、皮膚や粘膜についた花粉を体内に入れないようにする

2)メガネやマスクを着用する

3)帽子をかぶる、髪をまとめるなどして、髪の毛につく花粉の量を抑える

4)花粉飛散情報をチェックして、外出予定を調整する

5)外出をする際は、衣服に静電気防止スプレーを吹きかける

ぜひこのようなポイントを毎日の生活に取り入れ、予防していきましょう。



スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。