So-net無料ブログ作成

胃の検査 バリウムと胃カメラの違い② [健康管理]

検査をより安心・安全に受けるために

~バリウム検査の場合~
ゲップを我慢するのが辛い
→ゴロゴロと寝返りをしたり、お腹を圧迫されるような姿勢をとります。ゆっくりで大丈夫です。ゲップをすると胃の中の空気が抜けて正確な画像になりません。辛くなったらアゴを引いて、ツバを軽く飲みこみゲップを我慢しましょう。 落ち着いて行いましょう!

バリウム剤を飲むことにより、検査後には便秘になることがある
→検査後は、水分をしっかりとります。下剤が出されたら、すみやかに飲みましょう。もともとの便秘、バリウム検査後に便が出にくいなどの経験がある方は、下剤の種類や量等、対策について検査前に相談しておきましょう。


~胃カメラ検査の場合~
カメラを飲み込む時、咽頭反射によって苦しさを感じることがある
→昔はカメラで苦しい思いをした人も多かったようですが、今は咽頭の局所麻酔や鎮静剤を利用します。そのため、痛みや苦痛がだいぶ軽減されました!全身の力を抜くように心がけましょう。

ごく稀に穿孔や出血などの合併症、麻酔によるショック症状などのリスクが伴う →局所麻酔など、薬のアレルギーがある場合には事前に伝えましょう。危険な合併症はごく稀なものなので、心配はいりません。どうしても検査が怖い場合、施設によっては静脈麻酔を使って、検査の間ウトウトした状態で過ごせることもあります。



スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。