So-net無料ブログ作成
検索選択

年末年始のリセット方法 [その他]

忘年会や新年会、お正月の帰省など、わいわい食べたり飲んだりする機会が増える年末年始。
自然と食べる量が多くなり、また寒さのために運動量も減りがちです。

さらに、生活リズムが乱れたり、身体が冷え血液やリンパの流れが悪くなることも、
年明けに身体や気分が重たくなる理由の一つ。

そんな「食生活」「運動習慣」「生活リズム」の乱れに冷えも加わり、
体重が増える人は約70%と言われています。

みんな体重が増えるなら安心、と思うのは要注意!

身体についた脂肪は時間が経つほど落ちにくくなります。
また、生活リズムが戻らないまま、本格的な仕事モードがはじまると、体調も崩しやすくなります。

年末年始のリセットは短期集中して行うことも大切。

今回はポイントを3つに分けてご紹介します。

ポイント1:「食生活」を整える

年末年始で増えてしまった体重を戻すには、まず食生活を整えることが重要です。

お正月食べ過ぎてしまった…という方も、
極端に食べる量を減らすのではなく、次のことに注意してバランスを整えましょう。


・アルコールや間食(甘いもの)、油ものを控える。
・野菜やタンパク質のおかずはしっかり摂り、代謝を落とさないようにする。
・夜遅い時間の夕食は、炭水化物を半分にするなど、主食を調整する。


ポイント2:「運動習慣」を戻す
平日は通勤などで身体を動かしていても、年末年始は運動の機会が減りがちです。
まずは仕事のスタートと共に普段のリズムを取り戻しましょう。

また身体が冷えやすい冬は血液やリンパの流れが悪くなり、代謝も低下してしまいます。
まとまった運動が出来なくとも、

会社や駅で階段を使ったり、休憩時間にストレッチをする

ことで、冷え改善・代謝アップの効果を期待できます。


ポイント3:「生活リズム」を整える

年末年始、夜更かしや朝寝坊で狂いがちな体内リズムは、一度きちんと整えることが大切。

ゆっくり寝て疲れをとりたい休日も、
出来るだけ平日と同じ時間に起き、光を浴びましょう。
光を浴び、朝食を摂ることで体内時計がリセットされ、活動モードになります。

また起床後14~16時間後にメラトニンというホルモンが分泌され、身体は休息モードとなります。


お正月モードが抜けず、平日も頭がボーっとする、疲れが取れない、という人は、 生活リズムを整えることから始めましょう!


スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。