So-net無料ブログ作成

~ 飛沫感染と空気感染の違い?!~ [インフルエンザ]

飛沫感染と似ていて同じものと勘違いされやすい空気感染

空気感染は、飛沫感染と同様に感染者がくしゃみや、咳などをすることで空気中に病原体が出されます。

飛沫感染では2メートルという距離をとれば大丈夫なのですが、
空気感染は病原体が小さいことで空気中に漂い、空気の流れによって病原体が拡大してしまいます。
そして、それを他の人が吸い込むことで感染してしまいます。

2メートルという距離を取るだけでは不十分となってしまい、
病院では、空気が流出しないための陰圧部屋にて治療をすることになります。

今年の夏、学習塾で「結核」、幕張のイベントで「麻疹」にかかった人がいたことで、
ニュースになったことは記憶に新しいと思います。

麻疹、水痘、結核」の3つは身近な空気感染で感染する感染症です。



スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。