So-net無料ブログ作成
検索選択

夏場の快適な睡眠② [睡眠]

私たちの身体は知らず知らずのうちに、ホルモンに影響されています。

例えば睡眠中に多く分泌される成長ホルモンやプロラクチンは、 身体の修復を促し、寝ている間に疲労を回復してくれています。
また、決まった時間に分泌されるホルモンもあります。

コルチゾール、というホルモンは明け方に特に多く分泌され、
これから始まる1日に向けて身体を覚醒モードに近づけ、動くための準備をすすめる働きがあります。

生活習慣が乱れ、明け方になって寝る…ということがあると、
眠ろうとする一方で、コルチゾールが分泌されるので身体は覚醒モードに。

そうなると、寝つけたとしても睡眠の質が悪くなり
長く寝たのに疲れがとれない、なんだかぼーっとする、という状態に陥ってしまいます。

やむを得ない場合を除き就寝・起床時間は一定に保つよう心掛けた方が、
ホルモンバランスが整えられ、身体の調子も良くなります。

ところで、睡眠不足は食欲にも作用することをご存じですか?

身体の脂肪細胞から分泌されるホルモン「グレリン」は食欲を増進する作用があり、
寝不足になるとより多く分泌されます。
逆に食欲を抑えるホルモン「レプチン」は寝不足になると分泌が減ってしまいます。

徹夜明け、無性にお腹が空いたり、食べてもあまり満腹感を感じなかった、という経験はないでしょうか?
これは実は、ホルモンの作用による身体の正直な反応です。

逆に、生活リズムを整え、適切な睡眠を取ることは、体調を整えるだけでなく、
感情や食欲などもコントロールすることにもつながります。

いきいきと毎日を過ごすために、ぜひ普段の生活リズムと睡眠を見直してみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました