So-net無料ブログ作成

夏場の快適な睡眠① [睡眠]

『快適な寝床の温度は何度?』

だんだんと暑さが体にこたえる季節になってきました。
夜もぐっすり眠れず、夏バテ気味になってきた人もいるかもしれません。

一体寝苦しい夜をどう乗り切っていけばいいでしょうか。

暑いからといって冷房をかけっぱなしで眠り、余計に体がだるくなったり、風邪をひいたりしてしまったことはありませんか?

実は、睡眠中は代謝を低くしようと体が働くために、体温が自然と下がっていきと、
室温を一定にしていても寒く感じてしまったり、体調不良につながってしまいます。

それでは一体どうしたら快適に眠れるでしょうか?

快適に眠るために大切なポイントは温湿度管理にあります。
快適な寝床は温度33度・湿度50%、夏場の快適な室内温度は26度以下といわれています。

真夏の夜は汗をかきやすいということもあり、すぐに寝床は湿度80%以上になってしまいます。
また、人間の皮膚温度は34~35℃のため、寝床温度がそれを上回ってしまうと暑苦しく感じて、眠りにくくなってしまいます。

私たちの身体は、眠りに入るタイミングで体温を下げようとするため、 汗を盛んにだし、身体の表面温度が高くなるので、眠り始めの温湿度管理が大切になってきます

それでは、上手に温湿度管理し、寝苦しさを解消するためにはどうしたらいいでしょうか?

ポイント①エアコンを活用し日中にため込んだ熱を取り除く

夏のお部屋や寝室は、昼間のうちに直射日光などからの熱を溜め込んでいることが多く、
床に就く前に、寝室やベッドの熱を取り除くことがおすすめです。

眠る1〜2時間前に、少し設定温度を低め(25度前後)にしてエアコンをかけ、壁やベッドを冷やしましょう。
また、押し入れやクローゼットの中にも熱がこもっているので、開け放ち、熱を放出しましょう。

ポイント②エアコンの温度設定とタイマーでの室温管理

就寝するタイミングで設定温度を上げ(26度から28度)、3時間程度で切れるようにタイマーを設定しましょう。

眠っている間に体温が下がるため、室温が一定でも寒く感じ、体調不良にもつながります。
日中の熱気をしっかり取り除いておくと、タイマーが切れても室温が急上昇しにくくなり、蒸し暑さで目覚めることが少なくなるでしょう。

ポイント③寝具での湿度管理

心地よく眠るためには、吸湿・透湿・放湿性に優れ通気性のよい寝具やパジャマにすることがおすすめです。

「いぐさ」や「麻」、「そばがら」などの自然素材のものや、
冷感や涼感をうたった敷きパッドやシーツなどもあるので、お気に入りをみつけてみましょう。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました